MONOマニア

買い物上手な日記

紙の本の良さ

紙の本の良さ。本は割高感を感じる事があっても、手に取りたいものだと思わせ てくれる。新しい物の浸透が早い現代でも、紙の本は廃れずに生き残っていくだ ろうなと思ってる。本屋さんに売ってる本、本らしくていい。本の重み、あれが いい。 どうかその存在、消えないで。

と声を大にしていいたい。私の家族と私は、本好きです。 ところが、厳密に言えば幅広くたくさん読んでいるというのとはちょっと違う感 じだ。トリックモノや短編集などなど。

好きな作者ができると、その著者の作品をずっと買い続ける癖があって、これま で相当数の本を読んでいるけれど、ジャンルが多岐にわたっていない。

でも、本好きなのはずっと同じ。デジタルブックも手軽で便利で使い勝手もいい というから、試してみたいけど、本といえば自分の手でその重みを感じながら読 みたいというこだわりみたいな思いがあるんだよね。

私が今まで生きてきた年数は、実物の本を自分の手でページをめくってきた時間 の方が長いから。

現代は電子書籍がその勢いを伸ばしているようだけど、紙の本の魅力には遠く及 ばない。って、そんなこと素で必死で話してややこしいと思われるだけかも。そ ういうわけで、形にして表現してみました。

広告を非表示にする